ニキビのメカニズムと対処法

beauty 美容

こんにちは、黒猫です。

最近、肌荒れがひどかったんですけど、肌ケアと食生活に気をつけたらみるみる
肌が綺麗になっていったのでそのことについてまとめておきます。

ニキビってどういうもの?

ニキビは毛穴に皮脂や汚れが詰まって炎症を起こした状態のことを言います。

ニキビは面皰(めんぽう)とも言われ、その病態の進行は

  1. 微小面皰(顕微鏡でしか見えない程度のニキビ)
  2. 非炎症性皮疹(白ニキビと黒ニキビ)
  3. 炎症性皮疹(赤ニキビ、膿をもったニキビ)

という段階で進行していきます。

初期段階では、毛穴が詰まってその内部でアクネ菌が繁殖していきます。
次の段階で詰まった箇所にアクネ菌、皮脂が溜まっていきます。
そして、アクネ菌によって炎症を起こした結果、赤いニキビや膿をもったニキビへと変化していきます。

ニキビの対処法

ニキビは初期段階で対処するのが一番ですが、できてしまってからネット等で検索する人がたくさんだと思います。
ですので、まずは症状に合わせた薬の紹介をしていきます。

軽症から中等症での薬

軽症から中等症の時期ではアダパレン過酸化ベンゾイルという薬が処方されます。
アダパレンは、毛穴の詰まりを改善させ、ニキビをできにくくする塗り薬です。
過酸化ベンゾイルは、抗菌作用やピーリング作用がある成分のことで、ニキビの原因菌の増殖を抑えたり、ピーリング作用により毛穴のつまりをなくすことができます。

使用上の注意としては、

  • ヒリヒリ感がでてくる
  • 皮膚が赤くなる
  • 乾燥する

といった副作用を起こす場合があるので、使用時は注意してください。

中等症から最重症での薬

この時期では先ほどの二種類の薬に加えて、内服抗菌薬が処方されます。(混合薬も含む)
内服抗菌薬はアクネ菌の増殖を抑える働きがあります。

この時期にもアダパレンや過酸化ベンゾイルを使う理由として、炎症を起こしているニキビの周りには目に見えない多数のニキビがある場合があるからです。

 

ここからは、私が行なった肌ケアと食生活について書いていきます。

スキンケアについて

間違ったスキンケア

私がニキビに困って初めに行なったスキンケアとして洗顔があります。
顔の表面の油脂や汚れが原因なんだから、それを取り除けばニキビも改善されるだろうと考えていました。
なので、洗顔料を泡立てて、顔の隅々までゴシゴシ洗っていました。
数日同じことを繰り返しても一向にニキビが改善されなかったので、肌の綺麗な友人に聞いてみると、洗顔を行なったあとは、保湿をして肌を乾燥から守らないといけないとのことでした。
これが、肌ケアについて何も知らなかった私の失敗でした。

正しいスキンケア

教わったスキンケアとしては、

  1. 洗顔料を泡立てて優しく肌を洗う
  2. 化粧水、美容液、乳液の順に顔に塗る

というものでした。

洗顔料を泡立てて使う理由は、肌に手のひらが擦れないようにするためです。
肌は敏感なので、顔を擦るというよりかは撫でてあげるといった風に顔を洗っていきます。
洗顔は朝と夜の二回するのが効果的と言われ、あまりやりすぎると肌を傷つける可能性があります。
洗顔後はなるべく時間を空けずに化粧水をつけるのが大切です。
乾燥した状態が続くと肌が荒れ、より悪化する恐れがあります。
化粧水で肌を潤わした後は、肌に栄養を与えるために美容液、肌を乾燥から守るために乳液を使用します。
私の場合は顔に油分が多い傾向にあったため、保湿用のジェルを使用しています。
ちなみに使っている化粧水や美容液、保湿ジェルはこれ↓

ハトムギ化粧水
メラノCC
ハトムギ保湿ジェル

全部で大体2000円程度なのですごくお買い得でコスパがいいです。
これだけでニキビがほとんどできなくなりました。ニキビで悩んでる方は是非使ってみてください。

この他のスキンケアとしてはパックとピーリングジェルを使用するというのがあります。

パックは面倒であまり使っていませんが、化粧水を塗った後にして、美容液の代用となります。

ピーリングは肌の汚れを擦って落とすことを言います。
ピーリングをする前とした後の肌のさわり心地を比較すると、とてもツルツルになって
肌の古い角質が取れたんだなーと実感します。結構おすすめです。

肌を擦って汚れを落とすので、肌に刺激がかなりあります。ですので、ピーリングをするのは
通常、週に1度だけで大丈夫です。それ以上すると逆に肌荒れの原因となります。
私が使用しているピーリングジェルはこちらです↓

エルソワ ピーリングジェル

ネットでいろいろ漁った結果、これが良さそうだったので購入しました。
他のピーリングジェルを使ったことはないので比較できませんが、かなり満足しています。

食生活について

肌荒れの原因は、スキンケアにもありますが、多くの場合は食生活にあると思っています。
スキンケアをしていても、夜遅くまで遊んでいたり、お酒をたくさん飲んだりするとすぐに
ニキビができたのを何度か経験しています。

よく耳にすることとして、チョコレートがニキビの原因になっているという話があります。
しかし、今から約50年も前の研究ではほとんど影響がないという結果が報告されています。
その研究では、重量、カロリーがほぼ同じのチョコレート成分を含むチョコレートバーとブラセボバーを無作為に割り付けて、2チームで1ヶ月間食べるという実験を行なったが、両チームで症状に差が見られなかったという報告がなされています。
こういった研究も昔からされているというのは知らなかったですよね。

余談はこれくらいにして、肌に影響がある食品と逆に改善に役立つ食品について調べたので紹介します。

肌に悪い食品

肌に悪い食品は、ω-6脂肪酸が含まれている食品が該当します。
ω-6脂肪酸には、炎症を促進し、ニキビを悪化させると言われています。
これを含む食材として、油っこい唐揚などの肉料理が当てはまります。
必須脂肪酸なので、取ることは必要な栄養素ですが、とりすぎるのは注意が必要ということです。

肌に良い食品

肌に良い食品は、ω-3脂肪酸が含まれている食品が該当します。
ω-3脂肪酸は抗炎症作用やニキビの改善作用などの効果があるとされています。
これを含む食事として、穀物や果物、野菜、魚などが当てはまります。
体に良さそうなものを食べればいいってことですね。

 

まとめ

ニキビなどの肌荒れを予防するには

  • 肌のケア
  • 肌に良い食生活

を心がける必要があります。

肌のケアは毎日行うと1ヶ月程度で効果が実感できると思います。
食生活の面では、ファーストフードや脂っこい食べ物をなるべく摂取しないように心がけることが綺麗な肌を保つことの鍵となります。

今回参考にした資料はこちらとなります。
学術論文なので信憑性が高いので是非とも一読してください。

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました