3Dプリンタでお香立てを作ってみた【とっても簡単です♩】

printer 3Dプリンタ

こんばんは、黒猫です。

今日は、自宅にある3Dプリンタを使ってお香立てを作ってみたいと思います。
現在使用しているお香立てが少し小さくて、燃えカスが皿の外にでてしまうんですよね。
新しく購入しようかと思いまいたが、家に3Dプリンタがあるのでそちらで作ってみることにしました。

準備するもの

3Dプリンタを使用するには必要なものがいくつかあります。

  • 3Dプリンタ
  • フィラメント(3Dプリントするための素材)
  • SDカード(3Dプリントするためのデータをプリンタに書き込む)
  • 3DCADデータ
  • 3DCADデータを3Dプリントするための変換ソフト
3Dプリンタ

こちらは必須のものとなりますね。今回使用したのは「ANYCUBIC I3 MEGA」という3Dプリンタです。
Amazonで約3万円くらいで購入しました。3Dプリンタってこんなに安く購入できるの知らなくて買ったときは驚きました。

精度も結構良くて、精密なものを作るとき以外はだいたいこのプリンタでなんでもできちゃいます。
新機種も出ているみたいですが、そこまで精度にこだわらない方はこちらで十分かと思います。
セール時にたまに5000円引きで出品されていることがありますので、そのときに購入をおすすめします。

フィラメント

3Dプリントするための素材となるものです。
素材は、PLAとABSの二種類があって、ざっくり性質を説明すると、

  • PLA・・・融点が低い。反りにくい。靭性に乏しい。
  • ABS・・・融点が高い。反りやすい。切削性が良い。

が挙げられます。
後工程で研磨とかする場合は、ABSを使用し、そのもの自体で使用する場合はPLAを使用するようにしています。
PLAの方が、融点が低く、うまく吐出することができて失敗することが少ないので今回はPLAを使用します。

使用するフィラメントは、SUNLU製のフィラメントになります。
色も豊富で値段もお手頃なので、よく使用しています。

SDカード

SDカードはなんでも大丈夫です。今回は3Dプリンタを購入したときに一緒についてきたものを使用します。

3D CADデータ

3DCADデータは自分で作成するか、ネットからダウンロードする必要があります。

自分で作成する場合は、AUTODESKのFUSION 360がオススメです。
学生であれば無料で使用することができ、UIも素晴らしいのですぐに使うことができました。

ネットで作りたいものを探す場合は、Thingiverseというサイトがオススメです。
作成したいものの名前で検索すれば、さまざまな3Dデータが出てきます。
注意としては、商業用などに使用しないことですね。

3DCADデータ変換ソフト(スライサー)

3DCADデータを3Dプリントするためには、スライサーと呼ばれる変換ソフトが必要となります。
簡単に説明すると、「3DCADデータを3Dプリンタで動かすための命令に変換する」ソフトです。

スライサーソフトはいろいろあるみたいですが、私はCuraというソフトを使用しています。
ダウンロードの方法や使い方は以下のサイトが参考になると思います。

3Dプリンタ用 無料スライサーソフト Ultimaker Cura 〜ダウンロード、インストール、そして初期設定〜
スライスソフトってなんだ? | せしろの工作
今回はスライサーソフトについてお話ししようと思います。私もそうなのですが、3Dプリンター初心者には聞きなれないソフトだと思います。スライサーソフトってなんだ?

お香立てを作ってみた

使用するデータはThingiverseからダウンロードしてきました。
その名も「Spiral Hexagon Incense Holder」です。
見た目がかっこよくて、3Dプリンタで作成するのが簡単そうだったので選びました。
製作者のupしていた写真がこちら↓

お香立て

データをダウンロードする場合は、画面右上の「Download」のボタンを押すとstlファイルがダウンロードされます。

データがダウンロードできたら、スライサーソフトで開きます。
3Dプリントする出力設定を入力して、gcode(3Dプリントするための命令が書かれたファイル)ファイルに変換すれば準備終了です。

スライサーでみるとこんな感じ↓

作成に8時間40分ほどかかるようなので待ちます。。。
充填率や大きさを変えるとかなり時間短縮になるので待ちたくない方は変更しましょう。(出来栄えは悪くなります)

作成途中はこんな感じ↓

作成途中

3Dプリンタのヘッドとワークベースは温度が高くなっているので触らないようにしましょう!

作成後はこちら↓

フィラメントも約100g程度しか使っていないのでかなりお得に作成することができます。
(参考値:1kg :約2000円)

CADを触れる人や自分でものを作ってみたい人は3Dプリンタを購入するとできることの幅が広がりますよ!!

コメント

  1. […] 後ろの部分は壁にくっつけられるように磁石を取り付ける穴をあけます。 前回の線香立てを作成した時に線香を刺す部分が狭くてうまく刺さらなかった経験を生かして、磁石の大きさよ […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました